2010年10月4〜5日 地理学野外実習B が実施されました。 

われわれ内田班は、「風景の観賞法と観光地の記号論的解釈」というテーマで、群馬県富岡市・渋川市伊香保町・高崎市榛名町の3カ所で巡検してきました。

富岡製糸場跡で。世界遺産暫定リストに登録された影響か、雨の平日にもかかわらず、多くの観光客(大部分は中高年)が見られました。 富岡製糸場跡、繰糸場でガイドの話を聞いています。
伊香保温泉のシンボル、石段街。 伊香保温泉には、一時代前の温泉に付き物だった芸術劇場が、まだ残っていました。
お楽しみの夕食食べ放題の後は、部屋でミーティング。 たっぷり温泉を堪能した伊香保グランドホテル。
伊香保温泉、見晴らし展望台より。 榛名湖畔を徒歩で一周しながら風景論の実習。
榛名富士の絶景ポイント硯岩よりの眺望。この絶壁までの急坂に苦戦した学生も多かったようです。 群馬の名刹榛名神社榛名神社の随身門(入口)で、今回の巡検は終了しました。