地理・環境専攻の
AO入試アドミッションポリシー

(国士舘大学文学部地理・環境専攻 2008年10月)

AO入試の受験希望者は、下記のアドミッションポリシーを熟読してください。
また、オープンキャンパスなどの際に、ぜひ地理・環境専攻の専任教員と話をしてください。


【専攻の目的】
 環境を構成する空間的広がりの中に見られる諸事象・諸現象の特性について把握して、その成立要因や構造を検証する能力を養い、地理的・地理学的な見方を通して社会の理解と発展に資する人材を育成することが、私たちの専攻が目指す目標です。


【専攻の特色】
 他大学の地理学科に比べて大きな特徴と考えているのは次の点です。

1)地理学の最新分野の講義が揃っており、自然地理・人文地理の分野を網羅する専任教員、非常勤講師がいる。
2)最新の機材が充実し、これらを使った講義が1年生から受けられる。
3)1年次から3年次まで3回の必修の野外実習があり、現地調査の体験・体得が十分にできます。 また皆さんが卒業するまでに、1回は海外研修の場を提供します。
4)新しい分野(例えばGISやリモートセンシング等)への就職実績を毎年重ねている。
5)少人数教育で、きめ細かい指導が受けられる。ゼミの学生数は10人未満。この人数で3,4年生の2年間バッチリ指導します。和気あいあいとしたなかで、きめ細かい教育を目指します。


【求める学生像】
 私たちが求める学生は、下記の何れかの項目に当てはまる人です。

1)地理や環境問題に関心があり、地理の成績が優秀である者
2)地理、環境関係や語学関係の諸資格を持っている者
3)生徒会活動・ボランティア活動・スポーツ等で一定の活躍をした者
4)地域(郷土)や自然環境、 環境問題、自らの見聞を広めるための旅行や野外活動に強い興味を持ち、自らもしくは自身を含むグループで企画した継続的な学習や旅行・野外活動などの経験を延べ7日以上  有し、その成果を何らかのかたちで示すことのできる者